産後の抜け毛が酷いとお悩みのママ!産後抜け毛の原因と対策をチェックしよう

◆びまん性脱毛症

びまん性脱毛症の症状

びまん性脱毛症とは、ある一部が極端に脱毛したり薄毛になる症状ではなく、頭髪全体が薄くなる症状が特徴の脱毛症です。

 

 

「びまん」とは一面に広がることを意味する言葉です。
男性とは違い、女性に見られる薄毛の特有の症状といえます。

 

 

ですから、女性型脱毛症とも言われる事があります。
30代後半〜の女性に多い症状です。

 

・髪全体のボリュームが亡くなってきた・・・

 

・なんとなく髪の毛にコシがなくなって、少なく感じる・・・

 

・髪の分け目が、なんとなく気になる・・・

 

・髪を分けるヘアスタイルだと、頭皮の地肌が透けて見えてしまう・・・

そんな症状のあなたは、びまん性脱毛症だといえます。

 

 

男性型脱毛症とは全く違い、前頭部の生え際が後退するといった症状ではありません。

 

 

全体の毛がまんべんなく抜けているので、脱毛部の境界はないのが特徴の女性の薄毛です。女性の薄毛で悩んでいる多くの方は、このびまん性脱毛症(女性型脱毛症)です。

 

 

びまん性脱毛症は、毛髪が完全に成長する前の軟毛の時点で抜け落ちてしまい、髪が成長していかなくなり、その結果、毛髪全体の割合が減少してしまうといった状態です。

 

 

そうして薄毛と感じるようになるのです。

 

 

男性型脱毛症は改善するのは難しいですが、このびまん性脱毛症は、生活習慣の見直しをすることなどで、豊かな髪を取り戻す可能性が高く改善しやすい傾向です。

 

 

◆びまん性脱毛症の原因

老化

細胞自体が老化し、動脈硬化等による循環不全などのため、少しずつ毛包が消えていく。
年齢を重ねるごとに、この傾向が強くなります。

 

 

ストレス

精神的ストレスが原因で薄毛になることも少なくないのです。

 

 

ダイエット

栄養失調になるほどまでの過度なダイエットにより、髪の毛も栄養失調になる恐れがあります。
成長期の毛髪も状態を維持できなくなり、休止期毛が増えて薄毛・脱毛が起きます。
毛根にも栄養が必要なのです。

 

 

経口避妊薬(ピル)

女性ホルモンと頭髪は、かなり密接な関係といえます。
経口避妊薬はプロゲステロンという女性ホルモンを搾取します。
経口避妊薬を一定期間内服した後、中止した時に、一時的に休止期毛が多くなることがあり、びまん性脱毛症になることがあります。

 

 

間違ったヘアケア

若い女性に特に多いのが、清潔さを求め、日に2度3度とシャンプーをする方がいらっしゃいます。
界面活性剤などを含むシャンプーは髪によくないので、刺激が強すぎます。
また、ドライヤーやブラッシングのしすぎで頭皮を痛めてしまいます。