産後抜け毛体験談

薄毛との格闘〜カツラだっていいじゃない〜薄毛と仲良く付き合う

私は40歳の時に、二人目を出産しましたが、その時にいわゆる「産後の抜け毛」を体験しました。

 

34歳で一人目を出産した時には、それほど抜け毛はありませんでした。

 

二人目の時は、高齢出産だった事もありますが、二人目不妊で不妊治療をしていたので、ホルモンバランスが乱れていたのが、原因ではないかと想像しています。

 

とにかく、どっさりと抜けてしまい、分け目もひどく目立つので、とても悩みましたし、困りました。

 

最初は帽子などでごまかしていましたが、ごまかしきれないレベルに達して、あれこれと試してみる事になりました。まずは、地元の皮膚科や産婦人科へ行きました。

 

産後という事で、「そのうちに収まるでしょう」という扱いで、何も進展しませんでした。

 

よくて、フロジン液という薬を処方される程度でした。フロジン液は、男性用の育毛剤にも入っていたりする成分です。

 

高いシャンプーを使ってみたりもしました。皮膚科でプラセンタ注射もしてみました。栄養をつけようと、いわゆる栄養剤「キョーレオピン」などを飲んでみたりもしました。

 

それでも、あまり改善せず、最後の頼み、と育毛専門のクリニックへも行きました。けれども、それでも、目に見えるほどの効果は出ませんでした。

 

私の場合、上にも子どもがいましたので、子どもの学校行事などもあり、引きこもっている事ができず、それが一番の悩みでした。

 

 

そこで、私は、部分ウィッグを使用することを選択しました。

 

CMでよく放送しているアデランスの女性向けオーダーメイドウィッグの方に相談して、自分に合ったものを選んでもらいました。値段は35000円くらいでしたので、高い育毛剤を買い続けることを考えれば、安い買い物の様に思えました。

 

正直、男性のカツラに比べると、自然になじむといいますか、意外とばれないです。「ちょっと髪型変わったかな?」くらいです。

 

産後抜け毛に限らず、薄毛に関しては、3つのアプローチがあると思うのです。気にしない・気にならない程度に回復させる・かつら、この3つです。

 

髪がもともと多めの方なら、「気にしない」でいいと思います。産後の一時的な抜け毛はいつか回復していくことが多いので。

 

問題は、私の様に、もともと薄毛だったり、高齢だったりで、なかなか回復しない場合だと思います。

 

そんな時は、思い切って「カツラでもいいじゃない」と思います。

 

気にならない程度に回復させるにも、かなりの経費がかかりますので、私の様に、ほどほどの値段のウィッグをいうのも選択肢として、あっていいと思います。

 

まずは、勇気を出して、アデランスなどのプロにご相談されるといいと思います。