産後の抜け毛が酷いとお悩みのママ!産後抜け毛の原因と対策をチェックしよう

◆円形脱毛症

円形脱毛症の症状

円形脱毛症とは、発症時に髪が丸く抜けてはげてしまう症状です。
そのことから円形脱毛症といわれます。

 

 

10円玉くらいの範囲の脱毛と一般的には知られていますが、まつ毛、まゆ毛、体毛などにも及ぶはげの範囲が重度のものものまであり、円形脱毛症といっても症状は人によって違います。

 

 

髪の生えている箇所とはげている箇所の境目が明らかで、はげの箇所が増えていくことや、はげの範囲がどんどん広がって大きくなることもあります。

 

 

男女とも幅広い年齢層に発症しますが、特に女性の20〜30代の方に多いのが円形脱毛症です。

 

 

家族の中に円形脱毛症にかかった人がいる場合の発症率は30%だと言われています。

 

 

円形脱毛症の遺伝研究の結果では確実だと言われていますので、遺伝が要因になっている場合もあります。

 

 

◆円形脱毛症の原因

 

円形脱毛症の原因は多種多様です。
一般的によく言われるのがストレスで起こるというものです。

 

 

しかし原因はストレスだけではありません。
先ほども挙げましたが、遺伝という場合、自己免疫疾患、内分泌異常の方に症状が見られます。

 

 

統計的に、円形脱毛症にかかった人をみれば、神経質な人が多いこと、乗り物酔いしやすいこと、頭痛がおきやすいこと、肩こりが頻繁におこる、手足が冷えていること、下痢になりやすいなどの自律神経の緊張が見られる症状を持ち合わせていることが多いようです。

 

 

原因がストレスの場合は、円形脱毛症になった3ヶ月ほど前を思い出してみましょう。その時期にかなり強いストレスを受けていませんでしたか?

 

 

また、ストレスを自分でさほど感じていなくても、生活環境が一変したということなどありませんでしたか?

 

 

もしそのような心当たりがあれば、そのことが円形脱毛症の原因と考えることができます。

 

 

ストレス以上に注目されているのが、自己免疫疾患の場合です

 

 

自己免疫疾患とは、本来ならば細菌やウイルス、腫瘍などの自分自身のものと異なる異物を認識してそれを排除するための役割を持っている免疫が、
自分自身の異物ではなく正常な細胞や組織にまで反応し、攻撃してしまうことです。

 

 

一度その攻撃が始まると、止まりません。

 

 

こうして免疫機能の異常が起こり、元気な毛根まで破壊されることがあり、髪の毛が抜け落ち円形脱毛症となります。