シャンプーには細心の注意を払いましょう

シャンプーの種類と選び方

シャンプー

女性の薄毛でお悩みの方は、どんなシャンプーを選んだらいいのか、どんなシャンプーが薄毛対策となるのか、気になるところですね。

 

シャンプーは、スーパー、ドラッグストア、百貨店、量販店など、どこにでも売っていますが、多種多様でどれを選んだら良いのかお悩みのことかと思います。

 

女性の薄毛といっても症状や程度は人それぞれです。

 

1番大事だと思うことは、シャンプーを選ぶ際に、「自分に1番あったシャンプー」を選択するということです。

 

シャンプーを選ぶ時、あなたはどんな選び方を今までしていましたか?

 

TVのコマーシャルを見て良さそうだから・・・・

 

口コミを聞いて・・・・

 

ブランドで選ぶ・・・・

 

いろんな女性がいると思います。

 

まずはシャンプーの種類を知っておきましょう。

 

 

シャンプーの種類

 

石油系シャンプー

一般的に1番多いのがこのタイプのシャンプーです。

 

市販品のシャンプーはこれに当てはまります。

 

鉱油や動植物油脂が原料で、合成界面活性剤が入っているのが特徴です。

 

ですから、洗浄力が強いのが特徴になります。

 

泡立ちが良く、香りも良いものが多い。

 

頭皮が普通または、やや油っぽい人向き。

 

一般的に広く流通していますが、刺激が強すぎるため、頭皮にとってはかなり負担となります。

 

 

石鹸系シャンプー

脂肪酸ナトリウムなどで出来ており、界面活性剤が入っています。

 

アルカリ性で高い洗浄力があります。

 

体に害がある成分を含んでいないので安全で低刺激といえます。

 

しかし、洗い上がりがゴワゴワした感じはあります。

 

脂性の女性向きです。

 

頭皮や髪に残りやすいタイプなので、充分にすすぐことが必要となります。

 

洗いあがりもかなりごわついたり、きしんだりしますのでリンスが必要です。

 

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸から作る合成界面活性剤が入っているシャンプー。

 

洗浄力はやや弱いですが、弱酸性なので刺激が少ないタイプ。

 

リンスを使用しなくてもOKものが多いです。

 

頭皮に優しいので、刺激は少なく、肌の弱い方に向いています。

 

アミノ酸系や石油系のシャンプーにはそれぞれ、合成タイプと天然のタイプがありますので、頭皮にやさしい、天然タイプを選ぶことをおすすめいたします。

 

 

どのシャンプーを選ぶかは、自分がどのタイプの薄毛なのか、またどんなタイプの頭皮なのかを知ることが重要です。

 

 

重要なポイントは

●細胞や皮脂を攻撃しない低刺激のシャンプー

 

●頭皮や毛穴に浸透しないシャンプー

 

です。

 

 

おすすめなのは

 

●弱酸性で毛髪や頭皮と同じpH値5〜6のシャンプー

 

●表示指定成分がなるべく少ないシャンプー

 

このことに注意してシャンプーを選ぶといいでしょう。

 

薄毛に悩む女性の頭皮は、外部からの刺激にとても弱いものです。

 

刺激の少ないアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

 

値段は少し高いですが、シリコンや界面活性剤などを含んでいない無添加アミノ酸系の

 

 

などが各メディアにも取り上げられたこともあり、最近では人気急上昇しています。