シャンプーには細心の注意を払いましょう

シャンプー後のヘアケア

シャンプー

リンスやコンディショナー

シャンプー後のヘアケアはどのようにしてますか?

 

シャンプーだけでは、髪の毛がきしむ場合はリンスやコンディショナーを併用している方がほとんどかと思います。

 

市販のシャンプーは洗浄力を重視しているので、特にリンスが必要となります。

 

リンスは髪の痛みや水分量に注目してできている製品です。

 

洗顔に例えますと、洗顔石鹸で綺麗にさっぱり洗顔したのがシャンプーならば、リンスはファンデーションといった感じでしょうか。

 

シャンプーをしてキレイになった頭皮にリンスやコンディショナーを付着することで、毛穴の内部や細胞内部にその成分が浸透するので頭皮や毛を育てる組織を傷つけつことになります。

 

リンス等が薄毛になりやすいベースをつくってしまいます。

 

また、遺伝的家系的に薄毛要因のある女性は、薄毛が促進されてしまうことになりかねません。

 

昔ならば、女性で薄毛に悩むのは40代から50代の方が多かったのですが、現代では10代20代から薄毛に悩む女性は増えていますし、リンス等の使いすぎや間違った使用法が女性の薄毛の要因ともなっています。

 

 

毛先だけで十分

リンスやコンディショナーなどは、頭皮にはつけないようにしましょう。

 

リンスやコンディショナーは髪の毛自体の水分補給や、痛みを和らげるものですから、毛先につけるだけで、充分その効果を発揮します。

 

また、すすぎは充分行いましょう。

 

 

髪の乾かし方

シャンプーをした後は髪の毛の余分な水分をすばやく、そして優しく取り除きます。

 

髪の毛が濡れている状態というのは、とってもデリケートな状態です。

 

タオルドライをし、ドライヤーでデリケートな髪をダメージから守ってあげましょう。

 

まずは、タオルで丁寧に押さえるようにして髪を拭く。

 

摩擦はなるべく起こさないように!ゴシゴシタオルでこするのは厳禁です。

 

その時、頭皮の水分も優しくポンポンと押さえるように拭き取ってあげましょう。

 

タオルドライをしっかりすれば、自然乾燥でも構いませんが、頭皮の冷えにより血行が悪くなることは、薄毛の要因になりかねません。

 

ドライヤーを左右に動かしながら、同じところに直接長い時間温風をかけないように髪と頭皮をすばやく、乾かしましょう。