髪の毛は抜けるものと知っておこう

毛髪のサイクルと薄毛との関係

※髪の毛のサイクル

髪の毛には生え変わりのサイクルがあります。

 

どんなに健康な髪の毛でも寿命があり、一定の期間で、発毛と脱毛を繰り返しており、その周期の事をヘアサイクル、または毛周期と呼んでいます。

 

毛髪のサイクルは、成長期、退行期、休止期と大きく3つの段階があります。このヘアサイクル(毛周期)にはもちろん個人差があります。

 

平均的には、男性の場合2年〜5年くらい。

 

女性の場合は4年〜6年と言われています。

 

 

※成長期

毛母細胞が分裂を繰り返し、毛が伸びている状態が成長期。

 

成長期が長ければ毛は長く伸びる仕組みです。

 

成長期の髪は全体の約80%〜90%です。

 

各部位によって髪の毛の伸びる速度も違います。

 

 

※退行期

毛球がどんどん縮小していき、毛髪を成長させている毛母細胞の分裂が減少していくのが退行期。

 

また、毛母と毛乳頭が分裂して、毛根が頭皮の浅い所へ移動し、成長を終えた毛が抜けるまでの期間です。

 

この時期というのは約2〜3週間で、退行期の髪は全体の約1%です。

 

 

※休止期

毛母細胞の活動が完全に止まるのが休止期。

 

皮膚の中で抜けた髪の毛が再び成長するまでに休んでいる状態です。

 

脱毛は、次の髪の毛の成長が始まると同時に始まります。

 

平均してこの期間は約3〜4か月程度で、髪の毛全体の約10〜20%が休止期にあたります。

 

 

まとめ

日本人の平均的な髪の数はおよそ10万本だとか。

 

退行期や休止期の髪は、毛根が頭皮のごく浅いところにありますので、ブラッシングをした時やシャンプーなどで簡単に髪の毛が抜け落ちるのです。

 

女性の薄毛に悩む方は、シャンプーのたびに抜け落ちる髪の毛を見て、驚きと落胆を感じていらっしゃるかもしれませんが、髪の毛は1日に100本程度抜けるといわれていますので、少々の抜け毛であわてないでくださいね。

 

髪の毛の1日に抜ける本数が100本程度であれば、薄毛に悩む方も特に心配する必要はありませんよ。