産後の抜け毛が酷いとお悩みのママ!産後抜け毛の原因と対策をチェックしよう

◆脂漏性(しろうせい)脱毛症

脂漏性脱毛症の症状

比較的に男性には多いのですが、女性の薄毛にもあるのが脂漏性(しろうせい)脱毛症です。

 

 

頭には髪の毛があり、皮脂腺や汗腺が多数あります。
そのため他の体の部分より脂っぽくなりがちで、菌が繁殖しやすいのです。
頭皮の皮脂を長期間放置すると、毛穴の出口に皮脂が蓄積してしまいます。

 

 

体内で発生する活性酸素や、空気中の酸素などが影響して、フケなどと一緒に脂が酸化してしまい固まってしまう状態になります。

 

 

脂漏性脱毛症とは、皮脂の過剰分泌によって頭皮が炎症をおこすことでおきる脱毛や薄毛です。

 

 

角質と過剰な皮脂が混ざることで、硬い角栓様物質を作ってしまい、それが毛穴を詰まらせ炎症を起こします。

 

 

そして脱毛・薄毛へと至ります。

 

 

頭皮をよく見てみますと、毛孔(毛の生える小さな穴)が赤くなったり、さらに症状が進行しますと毛嚢炎(もうのうえん)または毛包炎(もうほうえん)の状態が指で触るとブツブツを感じる場合があります。

 

 

このようなものを脂漏性湿疹と呼び、頭だけではなく顔、胸、背中、ワキなどにもできることがあります。

 

 

頭皮の場合は湿疹ができ、脱毛し薄毛の状態になります。

 

 

そのような症状を脂漏性(しろうせい)脱毛症といいます。

 

 

その他としては、シャンプー剤などに含まれるシリコンや添加物セタノール等が毛穴の出口に残留したり蓄積したりで、同等の働きをする場合もあります。

 

 

 

脂漏性(しろうせい)脱毛症の原因

洗髪せず皮脂が過剰になってしまうことで雑菌が繁殖する場合、刺激の強いシャンプー剤等の利用ですすぎ残しがあった場合、また血行不良や食生活のバランスが悪い場合、男性ホルモンの影響などが原因になります。

 

 

頭皮の表面にこびりついた皮脂は1回のシャンプーでは簡単に取れません。
根気よく正しい洗髪を行い、頭皮を清潔に保つことが重要です。

 

 

育毛シャンプーを使用し、角栓様物質を作らないように、常に頭皮を清潔に保ちましょう。

 

 

私が使って「これはいい!」と思った育毛シャンプーは「マイナチュレシャンプー」です。

 

 

マイナチュレ・シャンプーは「アミノ酸系」の弱酸性で頭皮への刺激や負担が少ないシャンプーです。ノンシリコンなのに普通のシャンプーと変わらない泡立ちで、髪の通りもよくすっきりとした洗い心地に感動しました。

 

 

また、皮脂も必要以上に取り過ぎないし、表示指定成分に体に悪いのが使われてなさそうなので頭皮や抜け毛・薄毛が心配な人にはオススメです。

 

 

一本2704円とお値段が少し高いですが、返金保証制度がというものが付いていて、気に入らなければお金を返してもらえるので最初はお試し感覚で使うといいと思います。