産後の抜け毛が酷いと本気でお悩みのママ!そんなあなたの背中をそっと押します

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

粃糠性脱毛症の症状

頭皮が乾燥するとフケがでます。

 

 

そのフケが毛穴を塞ぐと、そこに菌が繁殖することで、毛根が炎症してしまい脱毛してしまうのが粃糠性(ひこうせい)脱毛症です。

 

 

薄毛、抜け毛になる原因やプロセスは脂漏性脱毛症と似ています。

 

 

粃糠性脱毛症や、脂漏性脱毛症を同時に発症する場合もあります。

 

 

粃糠性脱毛症と脂漏性脱毛症の違いは粃糠性脱毛症は頭皮の角質が異常な状態になったり、角質が剥がれ落ちてフケを伴うのに対して、脂漏性脱毛症は過剰な皮脂の分泌によって薄毛や脱毛に至るといったところです。

 

 

粃糠性脱毛症は珍しい脱毛症といわれています。

 

 

多少のフケが出るからといって、粃糠性脱毛症だと判断できません。

 

 

粃糠性脱毛症はフケが「瘡蓋(かさぶた)」の状態になっていて、毛穴を塞いでしまうくらい多くのフケが異常なほど発生する状態ですから「最近フケがよくでるわ・・・」といった程度では、粃糠性脱毛症による薄毛や脱毛にはなりません。

 

 

しかし、薄毛が気になりだすと同時に大量のフケが出るような場合は粃糠性脱毛症を疑い、一度診察を受けるといいでしょう。

 

 

粃糠性脱毛症を発症して薄毛や脱毛になった場合は、頭皮の炎症を防ぐ治療を行わなければなりません。

 

 

その場合は皮膚科での診察が必要です。

 

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症の原因>

 

脂漏性脱毛症と同じで粃糠性脱毛症はホルモンバランスが崩れることによって、頭皮にある菌が異常に繁殖してしまい、それによって脱毛し薄毛になってしまうといわれています。

 

 

頭皮の菌がどうして異常に繁殖するのかは未だわかていません。

 

 

粃糠性脱毛症を発症する人はアレルギー体質の方が比較的に発症しやすいといった報告があるので、血中の免疫等が関係するのではないかと推測されています。

 

 

粃糠性脱毛症の対策

 

フケが多く発生するので、取り去ろうとして過度の洗髪を行ったり、強力な洗浄力のシャンプー剤を使ったりすると、かえって皮脂を取り過ぎることになります。

 

 

低刺激のシャンプー剤を使用したり、洗髪の回数を減らすことで、頭皮にやさしく洗浄し、痛めないようにしましょう。

 

 

効果的な対策としては

 

  • シャンプーは刺激の少ないものを使いましょう。
  •  

  • スプレー剤やムース等の薬品などを塗布することは控えましょう。
  •  

  • 食事も刺激の強いものは控え、バランスよく摂取しましょう。

頭皮に刺激とダメージを与えないことが大事です。

 

 

私が使って「これはいい!」と思った育毛シャンプーは「マイナチュレシャンプー」です。

 

 

マイナチュレ・シャンプーは「アミノ酸系」の弱酸性で頭皮への刺激や負担が少ないシャンプーです。ノンシリコンなのに普通のシャンプーと変わらない泡立ちで、髪の通りもよくすっきりとした洗い心地に感動しました。

 

 

また、皮脂も必要以上に取り過ぎないし、表示指定成分に体に悪いのが使われてなさそうなので頭皮や抜け毛・薄毛が心配な人にはオススメです。

 

 

一本2704円とお値段が少し高いですが、返金保証制度がというものが付いていて、気に入らなければお金を返してもらえるので最初はお試し感覚で使うといいと思います。

 

 

 

 

病院治療は大変です

 

粃糠性脱毛症の治療には、ステロイド処方が行われます。

 

 

治療には時間がかかったり、症状が慢性化する場合があります。

 

 

粃糠性脱毛症は完治が難しい症状ですが、安易に薬剤を投与するよりも、体の内から外からのアプローチを続ける事によって、自然治癒力を引き上げるのが、この症状を治す最善の方法になります。